引越し業者東大阪

引越し業者を東大阪で選ぶ1番良い方法

東大阪 引越し 価格

東大阪 引越し 料金

東大阪 引越し 格安

東大阪 引越し 安い

東大阪 引越し 相場

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると 東大阪市だけでも65件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から一度に見積もりを取ることができます。

 

東大阪引越し

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

 

引越し費用と繁忙期

 

引越し費用と繁忙期

 

引越しにはとても忙しい時期があり、この時期を繁忙期その他を通常期と言います。

 

繁忙期は3月前後で、この時期は新大学生や新社会人、人事異動で転勤するサラリーマンの家族などが一気に引越しするのです。
当然どこの引越し業者も大忙しで、スタッフを増員して繁忙期を迎えるのですがそれでも到底及びません。

 

ですから繁忙期の引越し費用は通常期よりも高めに設定されていますし、いろいろな割引も期待できません。
そんな中でも少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、早めに準備することをお勧めします。

 

新居の住所が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取りましょう。今は一括見積もりができるので便利です。

 

繁忙期といえど、引っ越しの価格はどこも一律で同じ価格という訳ではありません。
早めに申し込めばそれだけ多くの引越し業者からの返事がもらえますが、これがギリギリになればなるほど1社減り2社減りと最後にはとうとう1社も見積もりが来ないという事態もあり得るのです。

 

これは繁忙期には限ったことではありません。
引っ越しは新居の住所が決まったらできるだけ早めに見積もりを取って、業者をおさえておきましょう。
時は金なりです!

 

 

引越し料金を安くするなら条件を見直してみよう

 

引越し見直し

 

引っ越し費用は結構高額になるので、少しでも安くしたい。でもどうすれば・・・。
まずは引越しの条件を見直ししてみませんか?

 

引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなります。荷物が多ければ多いほど高くなるのです。
引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らしましょう。

 

そして時期ですが、引越し費用は年中いつでも同じ金額ではありません。
3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できるのであればこの時期は避けたほうがいいです。

 

しかしどうしても繁忙期を避けられないなら、引っ越し先の住所がわかったらすぐ引越し業者に一括見積もりを取って比較、一番条件の良いところと契約してしまいましょう。 
引越しの準備が遅くなればなるほど、費用の高い業者しか残らない傾向があります。

 

曜日で言うと土日祝日は引っ越し希望者が多く、平日に比べると費用が高めです。
誰だって仕事休まずに引越ししたいのです。
もし平日に引っ越しできるのであれば、割引きされることが多いのでそちらがオススメです。

 

時間で言うと午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
時間よりも費用を重視するのであれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越しの挨拶

 

引越しの挨拶

 

引越ししたらご近所への挨拶は行きますか?

 

面倒だから・・・と行かない人もいますが、やはりこれから生活する場所ですから気持ち良くスタートしたいですから挨拶をすることをオススメします。
では引越しの挨拶はどこの家まで行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に挨拶しましょう。
大家さんや管理人さんが近くにいる場合はその方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建てなら「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制になっているかと思います。
自治会長さんにもご挨拶してゴミのルールなども聞きましょう。

 

挨拶に行く際は簡単粗品があったほうが行きやすいかと思います。
粗品は500〜1000円程度のものが良いです。あまり高級なものだと相手が気を使ってしまいます。
洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子がおすすめです。

 

引越しの挨拶は、引越ししたその日か遅くても翌日には行った方がいいです。
日が経つバッタリ外であったりしてタイミングを逃したりすることがあります。
引越し作業の途中は忙しいですが、合間をぬってご近所にご挨拶しておきましょう。

 

 

引越しの手順

 

東大阪 引越し 順番

 

引越しにはすることがたくさんありますので、先に手順を確認しておくとだいぶ作業がスムーズになります。
おおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

東大阪 引越し 手順

 

引越しといえば引越し業者ですね。
早く引越し業者を決めたいところですが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わります。
なのでまず新居が決まらないと正確な見積もりが出せません。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

引越し料金は荷物が多いほど高くなります。
荷物が多いほど大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、引越し費用も当然高くなるのです。
不用品は引越し前にどんどん処分してできるだけ荷物を減らし、普段あまり使わないものから梱包していきましょう。

 

引越し2週間まえになったら市役所に行き書類を提出します。
市外への引越しの場合は、「転出届」を提出します。出し忘れると提出しに戻るか、役所に連絡して郵送してもらい、送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

さらに電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手配をしましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話にて連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日から新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引越ししたら郵便物が届かなくなったら不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしてくださいね。

 

引越しの当日は運送関係は引越し業者にお任せください。
家具や家電の配置をあらかじめ決めて紙に書いて渡しておくと作業がスムーズです。
しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越し後2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら「転居届」を市外引越しなら「転入届」を提出しましょう。
これで役所から選挙のお知らせや子供手当てお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
必ず忘れないうちに行ってくださいね。

 

 

引越しをレンタカーで行う場合

 

引越し レンタカー

 

レンタカーで引越ししたら安くなるのでは・・・と思ったことはないでしょうか?
実際どうなのかシュミレーションしてみました。

 

まずレンタカーで行う引越しにはいくつか条件があります。

 

@運ぶ距離が近いこと A荷物が少ないこと B手伝ってくれる人手があること

 

当然ですがレンタカーで行う引越しは、荷造り・荷物の運び出し・積み込み・運転・新居への荷物の運び入れもすべて自分でやることになります。

 

体力勝負であり1日勝負でもありますから、引越しの距離が遠いと大変なのです。
それにレンタカーを返却する前にガソリンを満タンにしなければなりませんから、後半になるほどとにかく時間に追われます。

 

もちろん遠距離の場合でもレンタカーを借りた営業所と違う営業所に返却することもできるのですが、その場合は手数料がかかるので「安く引越しする」という目的が怪しくなります。

 

普通運転免許では今まで2トントラックが運転出来ていましたが、今は2トン未満しか運転できなくなりました。
そのため一般の方がレンタカーで借りられるトラックは軽トラックか1トントラック、1.5トントラックになります。
トラックの運転に不慣れなら、一番小回りの利く軽トラックがオススメです。

 

大きな家具や家電がある場合は、トラックの荷台に荷物を運び入れるのも大変です。
必ず手伝ってくれる人が必要です。

 

これらの条件を満たしているなら、レンタカーの引越しもおすすめできます。

 

 

引越し業者高松 引越し費用会社負担 引越し業者静岡