東大阪の引越しと初期費用

引越しと初期費用

東大阪 引越し 初期費用

 

引越しにはお金がかかりますが金額が大きなものは、引越し代と物件の契約料ではないでしょうか。
マンションやアパートを初めて借りるという方は、入居時にかかる費用について専門用語が多いのでよくわからないと思います。

 

賃貸物件の契約には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。
何だか分からないものがたくさんありますね。

 

敷金は物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で貸主に預ける形になっています。
部屋を綺麗に使って退去時に特に問題がなければ返還されるお金です。
ですからもともと部屋にあった傷や汚れは、写真に撮っておいて退去時に自分でつけたものではないことを証明できるようにしておくといいですよ。
契約内容によっては敷金を返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しておきましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたもので、いまだに習慣となっています。
指定されている場合は支払う必要がありますが、ただ最近は礼金ゼロという物件があります。
部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもいます。
賃貸物件もライバルが多いので、少しでも初期費用が安い方が助かりますね。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。
反対にフリーレント1カ月といって、「1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りください!」という貸主もいます。

 

空き部屋問題が深刻化しているので、考え方は貸し主さんの考え方次第ということですね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用で、家賃1カ月分・家賃の数パーセントと会社によって決まっています。
先に確認しておきましょう。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近は様々な事情により連帯保証人を用意できない人が増えました。
連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入しなければなりません。
例えば隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
火災保険の加入は必須で、自分の身を守るために必要です。

 

新しく物件に入居する際には、ほとんどの場合に鍵の交換を行います。
マスターキーは管理会社か大家さんに返却されますが、前の住人がもしスペアキーを作っていた場合は部屋に侵入することが可能です。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり確認しましょう。