引越し 東大阪 悪天候

引越しと悪天候

引越し 悪天候

 

近年、日本では大型の台風の発生や、大規模な大雪による被害が増えています。
以前は9月が台風シーズンだと言われていましたが、最近は7月や8月の段階で多くの台風が日本に上陸しています。

 

もし引越し当日に、台風が直撃しそうな場合はどうすればいいのでしょう?

 

天気予報で台風直撃の予報が出ているときは、まず引越し業者と話し合い対応を模索しましょう。
引越し業者の予約状況、自分の物件の引き払い日など、状況はさまざまです。

 

自分だけでは決められないので、話し合いが必要になるのです。

 

連絡が来るのを待つのではなく、こちらから連絡しましょう。
引越しの前日からはキャンセル料がかかる可能性があります。

 

台風でのキャンセル料が請求されるかどうかは引越し業者次第ですが、請求されても文句はいえないので早めに連絡してくださいね。

 

台風が発生してお住いの地域や引越し先の地域に直撃する予報が出た段階がおすすめです。
なぜならたとえ荷物をトラックに積み込めて運べたとしても、台風のせいで依頼者が新居にたどりつかない場合もあります。

 

飛行機の欠航や新幹線が運休することもあるので、無理にでもやればいいという問題ではないのです。

 

ちなみに普通の雨や雪の場合は、なるべく家財が濡れないように対策をしながら荷物の運搬・配送を行いますから、キャンセルすることはまずありません。